beeくろ.こむ

自分が知りたいことを、自分が納得する程度にゆるく運び込む。

*

乾燥肌の原因は皮脂の落とし過ぎ!?改善するオススメの方法!〜後編〜

      2016/04/20

前編では、乾燥肌の人に多い共通点を紹介しました。

いよいよ後半では、実践方法にいきたいと思います。

では、後半スタート!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

前回のおさらい、チェック項目

前回は、こんなチェック項目がありました。

・熱いお風呂が好きだ。
・毎朝起きてお化粧をする前に洗顔フォームで顔を洗う。
・お風呂も顔を洗う時も温度設定が42℃以上だ。
・油っこいものが苦手だ。
・メイク落としがオイル系だ。
・メイクは濃いめなほうだ。
・毛穴を気にしてピーリングを毎日か、2日に1回はしている。
・洗顔するとき顔を擦するように洗ってしまう。

みなさんはいくつ当てはまりましたか?

乾燥肌の原因はこれだった!?

先ほどチェックしてもらった通り乾燥肌の原因は要するに洗い過ぎ

たったこれだけだったんです(私の場合ですが)。

毛穴の黒ずみも気にしていた私ですが、洗いすぎることで余計に黒くなった経験もあるんです。

だから私の中では一石二鳥でした。

さらに一番大事だったのは、顔を洗うお湯の温度

だいたい39〜41℃くらいがいいそうです。

これは、顔だけでなく身体や頭皮にも共通します。

油の付いた食器を熱いお湯で洗うとよく落ちますよね?

それと似ていて、必要な皮脂まで洗い流してしまうため乾燥してしまったり逆に肌が頑張って保湿しようと余計に油っぽくなったりしてバランスがとれにくくなります。

それから、朝の洗顔です。

色々な説が飛び交っていますが、私の周りの肌が綺麗な人たちはみんな朝からはぬるま湯で洗うだけ。

ダウンロード (12)

肌の状態によってたまに洗顔フォームを気になる部分に使うことはありますが、基本はぬるま湯オンリー

やってみてわかるのですが、意外とそれだけでも水分を拭き取った後突っ張るんです。

ですから、その後はいつも通り化粧水→美容液→乳液(オイルやクリーム)などのケア。

それからいつも通りメイクをして終わり。

シンプルが一番いいんですね。

メイク落としも変えてみる

スポンサーリンク

洗い過ぎ、落とし過ぎがあまり良くないのでメイク落としも変えました。

オイルでアイメイクと一緒に全部を一緒に落としていましたが、目の周り以外は濃いメイクはしていなしのいで同じ扱いにしてしますとこれまた落とし過ぎに繋がるんです。

ですから、目はポイントメイク落としでコットンや綿棒で拭き取るように落とす。

あとは、ミルククレンジングで優しく落とす。この使い分けに変えました。

最初はちゃんと落ちてるかな…と、不安もありましたが試していくうちにだんだんと乾燥肌が落ち着いて、

毛穴も少しずつ、いい感じに…。
今では、肌は乾燥してません。本当に良かった…。

でも、ミルククレンジングにして思ったことは…のびにくいから無駄にこすっちゃうんです。
擦り過ぎは肌の負担になり、シワの原因にも繋がります。

だからミルククレンジングでメイクを落とすときはまず最初にミスト化粧水を顔に付けてからの方が伸びがよくて、最小限の摩擦で落とせちゃいます。

images (8)

化粧水がもったいないからお水でもいいんじゃないない?って、思う方もいらっしゃると思います。

一度水で顔を濡らして使うと今度はメイクとなじまなくなってしまうのでオススメじゃなかったです。

ポイントは、ミストで軽く潤してから

洗顔後に1番大事なこと

洗顔後はたっぷりの化粧水をコットンまたは、手で温めながら肌に押し込むように入れ込んであげてください。

ポイントは、惜しみなく化粧水は使うこと。

ダウンロード (11)

どんなに高くていい化粧水を使っても、出し惜しみをしてしまうと効果半減…。

どうしてももったいないという方は、化粧水は安くて刺激がない天然に近いものにしてクレンジングや美容液にお金をかける方法もあります。

乳液で潤すのではなく、化粧水をたっぷり入れて潤してあげてくださいね。

さて色々書いていて、一体何をどうすればいいの?

ってみなさん混乱してしまったかもしれませんね。

まとめの欄でわかりやすくまとめので、参考にしてみて下さい☆

落とし過ぎはいけないといっても、週に1回〜2週に1回はピーリングはしてます。

絶対にこれがいい!って方法はありませんので、自分のお肌をよく相談してみてください。

まとめ

長々と乾燥肌について書いてみましたが、気をつけて行うセルフケアはこれだけです。

①メイク落としは部分で使い分けて、落とし過ぎに気を付ける。
→ミルククレンジングを使う時は、ミストで軽く顔を潤してからメイクとなじませるとのびやすい。
②顔を洗う時のお湯の温度は41℃以下。
③朝の洗顔は、ぬるま湯で洗うのみ。
→洗顔後のケアはいつも通り行う。
④化粧水は惜しみなくたっぷり使って潤す。
→化粧水は安くて刺激がない天然に近いものにして、クレンジングや美容液にお金をかけるのも◎。

あとは、いつも通り美容液や乳液のケアでOK。

乾燥し過ぎ肌に悩んでいましたが、これを続けることで少しずつ落ち着きました。

今回の件で学んだことは、どんなに高い化粧品を使っても、根本的なとこを改善しないと意味がないということに気付きました。

ちなみに、私は乾燥から肌が凄く敏感になっていたので、これを機に化学的な物が一切使われていないオーガニック化粧品に変えました。

自然由来で香料などが入っていないので、香りはそこまでよくありませんが保存料などの無駄な刺激物が入っていないので比較的安心して愛用しています。

あくまで個人的な方法で、専門家ではないのでみなさんに共通して改善するわけではないかもしれません。

ですから必ず自分の肌と相談して、試してみて下さい。

みなさんのお肌の調子が良くなることを祈ってます!

前編には、実際に経験した症状などを詳しく書いているので、良かったら参考にしてみてくださいね☆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

乾燥肌の原因は皮脂の落とし過ぎ!?改善するオススメの方法!〜前編〜

スポンサーリンク

 - 美容・健康