beeくろ.こむ

自分が知りたいことを、自分が納得する程度にゆるく運び込む。

*

自分には何もなく自信もないからと人を羨むクセをやめた結果前向きになった。

   

自分にはなにもない…何もできないなんて、超絶自信を失ってきっとこういうネガティブキーワードで検索してみた結果、ここにたどり着いたアナタ

ちょっと前までの私も
毎日自分の無能さに嘆き、悲しみ、人ばかりを羨ましがっていました。
(どんだけ重症だよ)

私は今でも学歴も資格もない人間です。
だから、前はどこで働いていても自分には何もないと思って常に何かに焦っていて。

他の人は何もでもできて、何でも持っているのに自分には何もない。
他人を羨みがちな毎日。
また、他人と自分を比べては落ち込むばかり…。

正直、何しても面白くなかったですよ。

ネガティブの沼から抜け出せなかった頃

今は自分の力で収入を増やせたことが多少の自信になり
落ち着きましたが、本当にひどいネガティブでした。

この自信のなさについてよく友達と話していました。

「多分私たちさ、人が努力して勉強してた学生時代遊び過ぎたよね。笑」

って、結論に至りました。

そういえば何事も夢中になったこともなかったですし、部活に入るわけではなく、何か努力した経験もない。
中途半端にだらだらした生活を過ごしてきた青春時代。

=多分、成功体験と努力経験が少ない。

こうゆうことなんじゃないかなって、思います。

また、自信がない状態に陥る時は意識が全面に自分に向いている時。
自分のことしか見えていないから、だんだん視野が狭くなってしまう事態に。

そう、”世界で一番不幸で使えないのは自分だ”と思ってしまう。

そんなこと全然ないのにね。
そもそも使えない奴ってなんだよって。笑

でも、こういうことを検索するってことは今の自分に満足していない。
変わりたい。と、多少なりとも思っているからこその行動ですよ。

他人が羨ましくて仕方なかった頃

社会には色んな人がいて、他人って輝いて見えますよね。

例えば、facebookとか。
なんてリア充の集まりなんだ・・・と、見るのがつらくなった時もあります。

スポンサーリンク

でも、実際みんないいとこしか切り取って載せてないんだから。
インスタ映えする!とか…
そっちの意識の方が虚しいのは私だけ??
インスタの世界が充実してても、現実は変わらないのに…って。笑

じゃあ、このネガティブどうすればいい?

沈没しそうな船から飛び降りてもらうためにはどうすればいいのか。

ドイツ人は規則だから、飛び込んでください。
アメリカ人は、ヒーローになれますよ。
イタリア人は、飛び込んだらモテますよ。

と、促せば船から飛び込んでくれる。
なんて有名な話があるじゃないですか。

日本人はみんな飛び込みましたよ!、と言えば安心する民族。

不思議ですよね〜

こんなことやったらみんなに白い目でみられるんじゃないだろうか…
自分だけ浮いてないだろうか…
など、人の目を気にしがち。

もちろん私も例外なく思っていました。

でも、実際ってみんな自分のことで精一杯で人のことなんてそんなに気にしてない。

人に迷惑さえかけなければ誰がなんと思おうとそんなの気にしなくていいんだって。

海外に行きたいのに、借金もあってお金がないから行けない…。

そんなこと何年も考えていたら、その間にマイルでも貯めて航空券代浮かせる行動をそればいいし、それが貯まるまで貯金と節約を頑張ればいいし。

1つの事柄に囚われ過ぎてまた視野が狭くなるんですよね。
凝り固まった思考が多分、可能性をつぶしていると思う。

0だと嘆いて時間をつかうより、0から1…2…と、少しずつでも積み重なればいつか100くらいにはなるんですよ。

記事だって、1日3記事書けないからしない!

とかストイックに思うからであって、3日に1記事でも、1週間に1記事でもやったことに変わりはなくて。

確実に0が1になって行ってるわけですよ。

やってもいないのにそこで一発逆転狙っても、
自分のレベルに見合ったお金しか自分の身には入ってこないんですよ。

たまに奇跡で宝くじで3億円当選!なんてこともありますが、当たった人って結構自殺してますし、鬱になった人も多いんですって。

3億円を持つレベルではなければ、お金の魔力に負けてしまうんですね…。

今の私には3億円持てるレベルではないのは確か。

じゃあ、自分のレベルを上げるしかない。

行動を起こそうとして、海外旅行をしてみたい!と思い立っても、

海外でテロにあって死んだら…?
資格がもし取れなかったら…?

なんて、そんなネガティブなこと考えても死ぬときは日本にいても同じ。
交通事故にあうかもしれないし、災害や事件に巻き込まれるかもしれない。

毎日それだけのリスクの中で生活しているんですから、どこに行っても生きているだけで自信持てばいいんですよ。

リスクを減らしたければ情報収集をすればいいですし、飛びこんでみないとわからないし、目的がなくても行動してみれば自信になります。

当たり前に海外旅行行ってたことが、いつか友人に話たら「すごいじゃん!!」
って言われたりするじゃないですか。

やってみなきゃ後で振り返ることもできませんしね。

資格だって同じ。

落ちたらどうしよう…
これからの時代、人工知能の発達で資格なんて必要とされない。

それはそうかもしれませんね。
でも、それが実現されるまであと何年かかるでしょうか。

もしかしたら私たちが定年くらいになった時かもしれません。

その間は資格がない人より資格があった人の方が強みになるわけです。
人間、逃げる理由をつけては自分を納得させてしまいます。

結局楽な方に逃げたいのですから。

やってみてだめだったらまた考えればいいやって。

考え方のコツ

自信がないのであれば、とりあえず何かやったことに挑戦してみてはいかがでしょうか。

例えば、1人で海外旅行とか。

ですが何度も言いますが、下調べや情報収集は必要ですよ。
思いつきで行動してはリスクが高いです。
思いついたら、まずは逆算して考えてみましょう。

(例)

「オーストラリアに安く旅行行くには何マイル貯めればいい?」
=約37000マイル

「じゃあ、取りこぼしなくマイルを貯めるにはどうすればいい?」
=光熱費や通信費などの固定費は、カードで支払いに変更しよう!などなど。
エポスカードゴールドで年間20,000ポイントくらい貯まったかな?
賢い貯め方はまた紹介します。
(この当時の収入は手取りで240万くらいでしたよ〜)

「交通費以外のお金はどうやって貯めよう…」
=年末調整は絶対にやって、控除対象の100%以上返金の積み立てに入る。
そして、控除されて返ってきたお金を貯金しておく。
私はこれだけでざっと年間12万くらい貯まりました。(控除したお金+積み立て)
これはアテにしてないお金だから、楽々に貯めれました。
なんの節約もしてないけど、薬買ったレシート集めたくらいかな?

あくまで無理のない程度にとどめて。

それからいつくらいに行けるとか、具体的なことを決めて情報収集。
行く季節や治安のいい街はどこなのか…などなど。

比較対象の多い日本に生まれてきたことは幸か不幸かわかりませんが…。
生きてるだけで丸儲けですよ。

資格も学歴もなくても生きていれば、
自分の行動次第で変わるものもあります。

そう信じて、私はマイル貯めてオーストラリアでコアラに会ってきます!!
ちなみに今色々な方法で取りこぼしなく貯めた結果…
17000マイルぅ〜〜
3年かかんないな、これ。

とか、考えてたらなんかだんだんできそうな気がしてきたでしょ?^^

スポンサーリンク

 - その他, コラム