beeくろ.こむ

自分が知りたいことを、自分が納得する程度にゆるく運び込む。

*

自信がなくて自分が嫌いな人程よく笑う?不安や辛い気持ちを軽くしよう

   

何をやっても上手く行かない…
仕事で失敗が続き、恋愛でも相手の気持ちがわからなくなり、
私生活でもイライラして、そんな時に限って望まない出費があったり…

これが「負のスパイラル」か・・・?

そんな時って、家に引きこもりがちで無音の部屋に1人きりぼーっとするのって余計ヤバいと思うんですよ。
悪い事しか考えないし、解決方法なんて全然浮かばないし。

吐き出したいにも話す相手がいないから、心の中で自分自身との会話のみ。

そんな時ってありますよね。

ここで趣味や気分転換方法を知っておければいいのですが、みんながそんなに器用に生きられるわけではないんです。

苦しくて辛くて、この世で一番不幸なのは自分だけじゃないんだろうか…
なんて思ってしまう時だってあります。

気分転換に文章でも書いてみようと思って久しぶりにサイトにログインしたのはいいけど、パスワードがわからなくてそれだけで1時間とられたり…

悪い出来事が目につきやすい時って、良い事があっても気付きにくいものなんですよね。

例えば、何も上手く行かない時に洋服を買い物に行った時。
いつもは可愛く見えるお気に入りのメーカーにも興味が湧かなくなったり、終いには「お金がなくて買えない自分は可哀想だ…」なんてネガティブの連続に陥ったり。

一体どうすればいいんだ!って、感じですよね。

そんな繊細な人に共通して言えることがあります。
それは、「真面目で、普通を好み、あるべき論に長けた人」だと思ってます。

人一倍真面目だから、悩んでいる自分が間違っているものと考えてしまうのはないでしょうか。
悩んで、落ち込んで、うじうじすることが間違っている。そんな自分は良くない。

こんな決めつけが自分を苦しめているのかもしれません。

◆弱音を吐けば、心の弱い人。
◆逃げてしまえば、意志の弱い人。
◆愚痴を言えば、嫌な人。
◆自分の希望を言えば、わがままな人。

このうちの一つでも行動に移してしまえば、自分はダメな奴って決めつけていませんか?

こういう人に限って人当たりが良かったり、いつもニコニコしている人なんです。
浅い付き合いはできるんですよ。でも、こういう人は深い信頼関係を築くのを避けていたり。

本当は苦しいのに、それを言ったら相手に迷惑なんじゃないかなど、常に相手の顔色を伺ってばかり。
だから人に相談しても逆に疲れてしまうことも多々。

結論から言うと、そうなってしまう人って「自信がない」んだと思います。

偉そうに書いてますが、私もでした。

自信のない人は自分の長所がわかりません。

・容姿が可愛くない、かっこ良くない
・お金がない、収入が低い、でも人一倍働いている
・自分はコミュ障だ、いつまで経っても恋人ができない

などなど、自分の短所はいくらでも見つかります。

自分の良さがわからない時は、自分はどんな人になりたいかを考えるようにしています。
ここで注意するのは、理想が高くなり過ぎて結局無理だ…と諦めてしまわないこと。

3ヶ月後や半年後、1年後など近い未来で理想の自分を考えて見る事です。

・自分に似合うメイク方法を見つけて、見た目を変える(髪型を変えるなどもあり)
・投資用の口座を開設して、お金の勉強を始めて少しでも収入を守る
・毎月5千〜1万円を積み立てて、半年後に一人で沖縄に行く
・毎日お弁当を作って、節約しつつ料理の腕を上げる

自分が少しでも興味があることならなんでも良いと思います。

例えば、コーヒーが好きならば家の近くにいい感じの喫茶店はないか?
もし見つけられれば、そこでゆったりとした時間を過ごしてみる。

何が言いたいかというと、その理想を叶えてみると、
「○○している自分が好き」って思えてくるもんです。

「毎日お弁当作って、料理している自分が好き…」
「いい感じの喫茶店で美味しいコーヒーを飲みながら、一人の時間を楽めている自分が好き」
「いい感じの洋楽を聞いているおしゃれな自分が好き」
「お金の知識がついて、人にアドバイスできる自分が好き」

上記みたいに、何でも良いんです。

興味があって、何か取り組んでみると意外と気付くものがあります。

私はこれに興味があって、これには興味がない。
これだけでも十分な成果だと思います。

ちょっとした成果から自分を好きなって、自信を付けていくのはアリだと思います。

理想の自分を紙に書き出してみるのもいいですが、ほぼ挫折してしまいます。
いきなり書き出してみると案外理想が高いもんですから。

まずは、自分は何に興味があって、何をしている時が楽しいのか?
そして、近未来でどんな自分になりたいのか?

そんなことから自分探しをしてみてはいかがでしょうか。

小さな成功体験が大きな自信に変わっていくのかもしれませんね。

今日も一日、お疲れさまです。

スポンサーリンク

 - コラム